矯正は見た目を良くするだけの物ではありません

矯正治療と言うと、単に歯並びを変えて、見た目をよくするための治療である…と昔はとらえられてきました。

しかしそれ以上に大切なことは、

噛み合わせをよくして、その人の骨格と調和するようにしてやることで、顎の関節にストレスをかけないですむようになる

ということです。

成人矯正が重要なのは、見た目以上にこういった機能的な部分の改善ができるからなのです。

矯正には大きく2つの方向性があります

矯正の治療方向性は、大きく2つに分かれます。

具体的には

  1. 顎の発育のバランスに対して、歯が全体的に大きすぎるといった弊害のために歯並びが悪くなっているから、その間の歯をまびいて(つまり抜歯して)全体の歯並びを整えてやろうという考え方
  1. 顎の奥歯の発育方向の不調和のためだから、矯正でそれをなおしていき、歯並びを整えていこうという考え方

です。

お一人お一人の状況によるメリット・デメリットが

抜歯して矯正する方法を選択するのか、抜歯しないで矯正する方法を選択するのかは世界的な学会でも議論のわかれているところで、どちらが正解といった明確な答えがまだ出ておりません。

それぞれのメリットとデメリットがあるので、双方を天秤にかけてみて、あなたにあった方法を選択することが大切です。

そのため、矯正治療に入る前にきちんとした診断が必要となります。

矯正治療をする際の期間や生活への影響度、費用等はこの診断行った後、みなさまのご要望などを入れた上でご提案致します。

診断には費用がかかりますが、診断を行ったら必ず当院で治療を行わなければならないなどの縛りはございませんので、まずはご自身の状況を把握したい、あるいはセカンドオピニオンを得たいという方はぜひお勧め致します。(もちろん無理な勧誘など行いません)

いずれにせよ時間のかかる治療ですので、じっくりとご相談・お考え頂き、ご納得がいった時点で開始されることをお勧めします。

なお、矯正治療は自費治療ですので、いったん治療を開始されたら、途中でなんらかの理由で治療を中止されても、治療費用は返却されませんので、はじめに、じっくりとお考えになってから決定されるよう、お願い申し上げます。

実際の矯正治療の術前と術後

金属製ブラケットでの一般的なやり方

術前の歯並び。

上の側切歯が内側にはいりこみすぎているために、歯茎も落ち込んで見えている。

矯正装置をつけて実際に歯を移動している期間

この期間中は食事に気をつけていただき、ブラッシングも徹底していただくなどのご協力をしていただきます.(程度により8ヶ月―2年)

装置の種類は症例によっていろいろな種類のものが選択されます.

矯正終了後

■本症例の臨床参考価格

  • 精密検査8万円 上下矯正装置(金属)一式 80万円
  • 一箇月に一回調整費用6千円

MEAWテクニックによる矯正治療

Multiloop Edgewise Arch-Wire(マルチループアーチワイヤー)法という方法による治療です。

29歳女性 噛み合わせが悪いために左の顎が痛むとのことで矯正治療を開始しました。
審査するためにレントゲン規格写真、顎運動診断等の術前検査をまずおこないます。

1ヵ月後
ブラケット(この場合透明色)をつけていよいよ矯正治療開始です。はじめにやわらかいタイプのワイヤーを入れるところからはじめます(ケースによってさまざまなものが選択されます)

3ヵ月後
MEAWの複雑なループの組み込まれたワイヤーが入るステージです。この時期に歯軸を整直させて、咬合高径、咬合平面角度を大きくかえていくことで顎咬合系の再構成を行います。

ひとつ重要なことは食事以外の時には必ず小さいゴムをつけていただく必要があるということです。これをつけないと、治りません。

10ヵ月後
顎間ゴムを協力していただいたおかげで、この場合の治療期間は10ヶ月で終了しました。
当然症例によって治療期間は異なりますが長くても大体3年以内で終了します

■本症例の臨床参考価格

  • 精密検査8万
  • 矯正装置一式:90万円+6千円×10ヶ月

アライナー矯正(インビザライン®)

最近では矯正にコンピュータ技術を使っています。

具体的には、

  1. 歯型を取った後それを3次元画像で読み込んで、画面上で理想的に徐々に歯を動かしていきます。
  2. 矯正していく過程で、それに合わせてCAD/CAMで作られた透明な特殊樹脂の矯正装置をどんどん乗り換えていきます。
  3. そうやって楽に歯を動かしていくという矯正手法

です。手ごろな方法であり、金属も必要ないため、アメリカを中心に人気が出ています。

→アラインテクノロジージャパンの公式Webページもご覧下さい

 

インビザラインの最大のメリット

  • 最大のメリットは歯の表面にワイヤーがないので違和感がないこと
  • 食事のときはとり外していられること
  • 清潔でしかも透明であるがために、矯正していても矯正治療をしていることを他人に気付かれなくてすむ

という点が大きいです。

インビザラインの実際の脱着動画

Instagramに投稿した、インビザラインの脱着動画です。

1枚目が外す際、2枚目(横にスライドすると見られます)がつける際です。

脱着方法は見て頂くと分かりますが、とても簡単。ワイヤーがないのでいつも通り硬い物も食べられ、ブラケットがないので、ホワイトニングもできます。

インビザライン矯正の適応年齢と名称

年齢交換頻度など
成人以上インビザラインを
10日~2週間ごとに交換
子供(混合歯列期~成人)インビザラインティーンを
10日ごとに交換

インビザラインティーンの適応年齢

  1. 基本的な適用年齢:15±6歳
  2. 適用最適開始年齢:11歳±9か月
    男子:12.3歳(小学校6年生)
    女子:10.5歳(小学校5年生)
  3. MA(Mandibular Advancement)の適用年齢:10歳9か月±11歳9か月

ただし1日装着時間は20時間以上となっていますので、基本的には食事がすみましたら、またすぐに入れていただく必要があります。

治療の途中段階でゴムをかける場面もありますが、基本的にはこれは通常のブラケット矯正治療と同じです。

通常の方法に比べると割高な治療となりますが、それに代え難いメリットのある矯正治療法ともいえます。但しクラスⅢの骨格性の不正咬合などの難症例には不向きなようです。

型どりしてからデータをアメリカに空輸して矯正装置を作りますので、約1か月の期間が必要となります。

なお、治療途中に歯牙の幅調整のために一部削合をしたり、最初に歯の表面に歯牙と同じ色のアタッチメント樹脂をつけてより効率的な歯の動きをサポートします。

お問合せはこちらから オンライン予約はこちら
お問合せはこちらから オンライン予約はこちら