By 

「歯がしみる感じがするのでみてもらえませんか?」という患者さんは毎日のように来られます。

あなたはもし、自分の歯に違和感があると、それは虫歯かな?と思い、まず鏡でそのあたりがどうなっているのかを見ますよね。でも、見た目的には、何ともない…とすると、一時的に気のせいかな、とも思い、またしばらくそのままになったりしていないでしょうか。

今日お越しになった患者さんの中に「飛び跳ねたりすると右側のどの歯かわからないけど上の歯がキーンとした痛みがする」という20代の方がいました。

隣接面カリエスは見る場所によって全然見えないことも多い

その方は別の診療所で診てもらって、「何ともなっていない」と言われたのだけど、やはり気になるのでもう一度別のところで診てもらおうということで当院に来られました。確かに見た目なんともないのですが、一応レントゲンを撮って調べてみましょう、とお話しして、パノラマレントゲンを撮りました。

右上第1小臼歯、第2小臼歯、第1大臼歯の隣接面にできた黒い透過像

結果はやはり撮ってみてよかったということになります。画像には明らかに虫歯となっている所見が歯と歯のコンタクトの部分に何か所もあったからです。

通常、歯は虫歯になると上の方から穴が開いて黒くなってくる…といったイメージをお持ちの方が多いかと思いますが、実は、歯と歯の接している部分からの虫歯は結構多い虫歯の一つです。

上顎5番小臼歯にできた隣接面カリエス

横からよく見ると上からでは見えなかった黒くなっている点状の部分が少し見える

中央部分は削られてまだ白濁して残っているカリエス部分とまだ下の方に黒ずんでいる部分が残っているのが表面のエナメル質から黒く透過しているので観察される

麻酔をした後、結局前から4番目の第一小臼歯、5番目の第二小臼歯、さらに6番目の第一大臼歯と、なんと3本とも隣接面がすべて虫歯であったために削られていきました。まだ神経にまで達していなかったので、歯のエナメル質と象牙質の一部までを削られた後かたどりとして、その後インレーを呼ばれる小さな銀歯がそこに入れられて修復終了となりました。

今回のケースのように、臨床上本当に虫歯かどうかを判定するのにレントゲンは大きな助けになりますが、もっと初期段階ではそれが認められにくい場合も多数あるのは事実です。

そんな場合、ベテランの先生は強い光を歯の側面から当てて透過する歯質の色の明暗の具合を見て判断することがよくあります。レーザーの反射を使った齲窩測定器もありますが、必ずしも確実なものではないようです。これを使えば100{238e0506cd01b883f1117c2a68c49fbb61124ee7ba5e8c07f0555ab3d9f6b91b}虫歯になっていると診断できるすぐれた機器は残念ながらひとつもないのが現状です。

歯が初期う蝕の場合、まだ齲窩と呼ばれる欠損部位となっていない場合もよくあることです。その場合にはミネラルの溶けだした硬組織が唾液の相互作用によって修復されるメカニズムがうまく進むと、無駄に削ったりすることはせずに治せる可能性もあります。

これは要するにその方の食生活、プラークコントロール等の条件と大きくかかわってきます。歯を削らなくてすむように予防するためにはどうすればよいのかという議論ともつながってくるものです。

虫歯は隣接面にできた場合、齲窩が進む前の段階と齲窩が進んで実質欠損が生じた場合がある。この2種類のカリエス処置に対してのアプローチには考え方がいろいろとある

このDr. Ch. Penning(Department of Cariology Endodontology Pedodontology ACTA, The Netherlands)による写真は外国の文献(Oral and Dental Health – Prevention of Dental Caries, Erosion, Gingivitis and Periodontitis)からの引用になりますが、簡単にご説明しますと歯の虫歯になったものをスライスして横から見ているものです。

Aの部分の歯の表面は、初期う蝕でもまだ齲窩ができていないもので、表面は問題ないのですが、Bの部分では表面には齲窩が形成されて実質欠損が始まっているものです。

以前のブログでも取り上げた記事に出てきた見えない虫歯の場合の例はこのBのタイプに当てはまります。削って治さないとどんどん大きくなっていきます。さて、Bの部位は削って取り去って修復する必要があるのですが、果たして、Aのような場合には、どうすればよいのか??歯の表面は白濁しているだけで、その表面は粗造になっているかもしれませんが、まだ穴があいているわけではありません。

ここがいわゆるカリオロジーと呼ばれる歯科の昔からある分野の一つで、普段行える虫歯予防によって小さいものは治してしまうのか、修復して治すのか、いろいろな議論が生まれているところです。食生活を改善してプラークコントロールを徹底して、虫歯になりにくい口腔環境が持続的に提供されるようにしたうえで、虫歯予備軍の歯の表面にミネラル補給を表面にしっかりと施してやれば長時間の経過観察は必要ではありますが削らずに修復されるということのようです。

要するに「食べたら磨きなさい」という決まりきった文句だけでは、Aのような虫歯予備軍は治せず、その人の自覚が徹底され、なおかつ継続的に歯科診療所でも歯の表面へのミネラル分補給などで積極的に支援していく、といった体制ができてはじめて削らなくて済む予防型歯科治療は完成します。

「そんなの面倒くさいから、とっとと削って治してください」という方に限って、きまって再度また別のところに虫歯を作ってきたり、せっかく治した銀歯のわきから再度虫歯を作る結果になりやすいものです。結局のところ、その方のダラダラ食いや、ダラダラ飲みなどの食生活習慣をしっかりと改善されて実践されていない場合がほとんどだからです。

だらだら食い、ながら食べ、ちびちびと缶コーヒーをゆっくりと飲む、飴をいつもなめている、など、起きている間の食生活習慣全般のことです。
まれに、逆流性食道炎などの内科的な疾患の方もいらっしゃるので、夜間知らずのうちに口腔内が酸性に傾いて、歯にとっては最悪の環境となってしまっていることもあります。

唾液による歯の表面の修復が順調に行われなくなった、そうした破綻した口腔環境を作り出しているのは、何を隠そうその方自身の自覚ができていないか、なぜそうなったかを教えてもらえていなったかのどちらかでしょう。

もしあなたが、真剣に虫歯になりたくない、歯周病になりたくない、とお考えていただけるのであれば、その対策は実に簡単です。その理由がどうしてなのかをまず知る、それだけです。原因を知っていただくことだけで、自然とどうすればよいかは自分でわかるようになるからです。

当院で初診時に全員にお配りしているパンフレットにはそのことの答えがたくさん書かれてあります。気になられたら、ぜひご相談ください。

前後の記事もご覧下さい

お問合せはこちらから オンライン予約はこちら
お問合せはこちらから オンライン予約はこちら
© 2001- LEGA Dental Clinic.( Powered by Roundup Web Consulting )