By 

治したこの歯は一生使えますか?

虫歯治療で削られたり、抜歯されて歯を失ったところを補うために、歯科治療では様々な方法でかつての状態を再現しようとします。それらを総称して、我々の業界では補綴物(ホテツブツ)と呼んでいます。

一番単純な小さな虫歯の場合は、削り取られた歯の一部分を埋めるだけの修復になります。

虫歯となっている前歯

コンポジットレジンで修復した前歯

そのような単純な修復でさえ、修復材料には様々あり、診療の中で最終的にはあなたに素材を選んでいただく場面が多々あります。それは、素材が健康保険で決められたものから、そうでない自費の高価なものまでさまざまあるからです。

この時によくご質問を受けることの一つに
「先生、その自費の高いのをいれれば一生持つんですか?」
というご質問があります。本当に多いご質問の一つなんですよ。

確かに、高いものであれば必然的に長持ちするんだろうな、保証もきっとそうでないものよりも長くあるんだろうな、といった気持ちになるのは至極当然のことだろうと思います。

毎日使っているもので、一生使えるモノって他に何があるだろうか?いわゆる補綴物もそうしたモノとしてとらえると、それは生体の一部として使われてはいますが、モノとしての宿命もあります。

そのかぶせ物なら一生使えますか?というご質問に対しては、要するに、かぶせた歯のかぶせ物が壊れなくて一生使えますか?いう意味あいで、耐久性という点から考えると、銀歯、金歯、セラミック、ジルコニア、ハイブリッドなどの素材のうち、一番耐久性があるのは、おそらく金歯でしょう。

その理由は、それぞれのクラウンを作っておいて、硬いものの上において、金槌でたたいた場合、最初に割れるのはハイブリッド冠、その次に割れるのは、セラミック冠、そしてジルコニア冠、となり、最後は金槌でどれだけたたいて変形したとしても、銀歯と金歯は割れたりしないからです。


前歯のかけてしまったセラミックのかぶせ物の裏側の状態(舌側)

耐久性(強度、耐腐食性)という観点の比較

さらに、銀歯と金歯で、どっちが耐腐食性があるかと言いますと、腐食しにくく酸化して黒変しないのはイオン化傾向の高位にある金やプラチナとなります。

もっと言いますと、金よりもプラチナの方が固いので、通常プラチナベースで金と混ぜたプラチナゴールドメタル(通常PGAと我々は呼んでいます)が一番強度も耐腐食性も強いということになります。

ですので、耐久性(強度、耐腐食性)という観点でかぶせものを比較しますと、

プラチナゴールド>金>銀>ジルコニア>セラミック>ハイブリッドセラミック

となります。ではプラチナゴールド冠なら一生持つのでしょうか?

歯が一生使える、という意味で、だめになるもう一つの大きな要因は、実はかぶせてある歯の本体にあたる根っこの部分、つまり歯根の状態とそれを支えている歯槽骨の状態がはたしてどれくらい長期間良好な状態を維持できているか、という問題があります。ここから少し生物学的な要因が判断基準として加わってくるのです。

上にかぶせてあるモノがどれほど耐久性があってだめにならなくても、歯周病で歯槽骨が溶けてグラグラになってしまったら、かぶせ物と一緒に根っこから取れてダメになってしまいますよね。これもだめになってしまう、ということの一部と考えられないでしょうか?

また、根っこの中にひびが入ってしまったら、それも痛くて噛めないようになり腫れてきますのでだめになったことになりますよね。

虫歯のかなり進んでしまった歯

やりかえのために歯の内部をかなり削りとられてしまい、薄っぺらな状態になっている歯根

かぶせ物の見た目だけに皆さんの注目が集まる割には、その中身やその歯の周りの組織の状態をいかにこわれない状態にしておくかといった観点からしか考えられないのはなぜなのでしょうか?

むしろかぶせ物の耐久性云々の問題よりも、歯の状態の中身や取り巻きの組織がどれだけ残っているかのほうが、よっぽど一生持つか否かの要因に深くかかわっているというのに、です。

たとえば、上にお示しした写真のような神経もなく、かなり崩壊してしまった状態から根の神経の治療をした後に土台を入れて治療してかぶせ物をして治した歯と、一方では少し虫歯だったので周りを削ってかぶせた神経のある歯(下の写真)とを比べて、そのどちらが一生持つ確率が高いか?


C2とよばれる象牙質にまで達したう蝕の歯

どなたも後者の方が長持ちするだろうな…くらいの予測はつくと思います。どいうのは、最初の崩壊状態が大きすぎる歯の場合には、長期間の使用の中で咬合する力に耐えられずに歯の内壁面にひびが入ってしまうリスクがかなりふえ、結果的に噛むと痛いとか、周りから腫れてくるとか言った状態となり、保存不可能で抜歯されてしまう確率もかなり高くなるからです。

両者ともかぶせてしまうと、その中身の状態まではもう想像だにつかないほど同じになってしまうのですが…

診療中、混んでいて時間がない時にはこちらも補綴物の自費と保険の違いをついつい説明するのが面倒になって
「無理に自費のものにしなくてもいいではありませんか、保険ので十分ですよ、どうせまたダメになったら保険で気楽にやり替えればいいんですから…」
と言って、とっとと健康保険のかぶせ物のための歯型を取り、銀歯をいれていただく…ことは過去にもよくありました。
健康保険で入れる窓口負担金で数千円の銀歯と、ジルコニアファインセラミックや高価な金などの10万円以上する素材の自費の補綴物を比べた時に、どちらが一生使えて長持ちするのか?

皆さんは、今までのお話の中で、入れた歯がどれだけ持つか否かは、単純にモノの比較だけではないということをご理解されたのではないでしょうか?

当院では、より正確にお答えする大前提として、次の5つの項目を判断基準としております。そして、それをすべてクリアした方は、素材に関係なく長持ちしますよというものです。

  1. その治される歯は、神経がある歯(生活歯)ですか?つまり過去にすでに神経を取られてしまった治療を受けられている歯(失活歯)、やり直しの歯ではありませんか?
  2. 今回治す虫歯の大きさがさほど大きくなく、その歯の周りの歯周組織にも歯周病が進んでおらず、支えている歯槽骨がしっかりと周りに存在していますか?
  3. 補綴物を入れた後、少なくとも最低年に1回はそのチェックと定期的かつ継続的な歯の汚れをとるクリーニングを忘れずに自発的にしていただけますか?
  4. あなたのすべての歯がプラークの取り残しなく磨けており、歯周病が進んでいない清潔な口腔内環境を毎日維持できていますか?
  5. 歯並びは悪くありませんか?

以上の5つのご質問すべてにイエスでクリアーされた方のみ、当院で入れた補綴物はたとえそれが健康保険の銀歯であろうと、1本15万円するジルコニアセラミックの歯であろうと関係なく、かなり長く、そして少なくとも10年は心配ないですよ、うまくいけば一生お使いになれるでしょう。とお話ししています。

ここであなたは上の5項目すべてに共通しているある事柄に気づかれましたか?

それは治されるその時点での

“あなたの口腔内環境と治す歯の虫歯の大きさの程度で予後が大きく左右されている”

ということなのです。

そして、これら5項目の条件がすべてクリアされている方が対象となりますが、さらに自費の補綴物の方が、見栄えがいいとか、形態が精密であるとか素材が安定しているので腐食劣化しにくく金属アレルギーが起きにくいとか、と言う付加価値は確かにある、ということになります。

患者さんの中には、値段の高い自費の補綴物を入れたのでそれで治療は完結で、その後何のメンテナンスもしなくてよいのだと勘違いされてか、その後数年間一度もご来院されずに、何年かたってから、治されたところを含めて歯周病でグラグラになったので来院されて、結局抜歯されてしまった…という残念な例だってありました。

「あの時先生が長持ちするって言ったじゃないですか、だから高いのを入れたんですが…」と、どこまでも上の5項目は全く無視されて、その場での現象のみを捉えてご自分の義務を怠っていることは棚に上げ、あくまで他人のせいにしたがる方も中にはいらっしゃいます。

素材としての耐久性がいくらあったとしても、それをとりまく環境を何のお手入れもせずに、結果的に歯周病が蔓延して知らず知らずに支えている歯槽骨を溶かしていくと、土台もろともぐらぐらになってきます。

そのようなわけで、磨けていない口腔内環境を自分事として毎日の習慣化で整えていこうとされる意欲のない方には、決して自費の補綴物はお勧めしません。

だめになった場合の補償のしようが無いからです。そういった状態の方に対しては、黙って健康保険の補綴物を、何も言わずにいれて治療を進めていきます。残念ながら、何を入れても無駄になるのが目に見えているからです。

おそらく、戦後昭和の時代の健康保険制度下での歯科治療はその大方が、虫歯や歯周病を引き起こした病院論をないがしろにしたまま、しかも予防のための啓蒙もあまりされずに、目先治すことだけに目が行き、このような黙々とした治療の流れの中でだめになったからまた治すという流れ作業が多かったのだろうと思われます。

それが証拠に、ある世代によってはなんと義歯の多いことか。そしてそれを繰り返しながら何年かして、そこが再度ダメになった時には、文句も言われずに歳だから…位に思われて黙って抜歯をされ、次の別のさらに治される場所の大きい補綴物である義歯になっていく…歳をとったらいずれ総入れ歯になるんだから…くらいの勢いなんでしょうか。

本当は予防することでかなり延命できた歯があったのになあと、やりきれなさが交錯して歯科医師としては本当に残念に思うことがよくあります。

銀座で開業している友人から聞いた話ですが、あるご年配の社長さんが、歯を治してほしいということで来られた時の話です。その方は、残念ながら口腔内環境がよくないので、まずは口腔内環境を整えるために歯石などの汚れ落としをするなどの歯周治療をされたあと、歯を削って補綴物を入れることになりました。

当然補綴物も自費の素材のいいもので、ということで、お話が進んだのですが、歯科衛生士さんが今後安定した口腔内環境を保つためには毎日どういった磨き方をすればよいのかについて、歯ブラシの当て方などの説明をしている最中に、彼は怒り出したというのです。

「おれはそんなこと聞きに来たんじゃない、汚れが付いたらまた取りに来るからそれでいいでしょう」と。

汚れは毎日つきますので、それなりの毎日の歯磨きはやはり必要です。

この方がその後どうなったかはご想像にお任せしますが、基本的にこういった予防の大切さに、マインドがどれだけ変われるか否かでも、入れた補綴物の予後は当然違ってくるということなのです。
それは多くの方を今まで拝見して長期的な観点から断言できる事実のようです。
高い補綴物の方には確かにいろいろな面でのアドバンテージがあるのは事実ですが、それが長持ちするか否かにはやはり上に上げた5項目がクリアされている必要があるのです。

また、或る方は、過去に何度も健康保険のかぶせ物でやり替えをされた結果、この辺で見栄えのいいいものにするために、自費のかぶせ物の歯を希望された方がいました。ただし、時すでに遅しで、過去何回もやり替えをされてきた結果、残っている歯質が薄っぺらで、これから何十年とはもたないだろうな…と思われるくらいの悪条件からの治療ということになります。

ですので、やはりかなりリスクの高い問題を抱えている歯ということをお伝えしたうえであまりお金をかけていまさらかぶせてもあまり長持ちはしない状態の歯ですとお話しして、再度保険のかぶせ物の歯にしていただきました。基本的はあまりこうした状態の歯には自費の歯はかぶせるべきではないとも考えております。

そして、そのような場合には、基本的には、お使いになれるのがどれくらいかわかりませんがそれでもよろしいですか?とお聞きしたうえで選択していただいております。

確かに汚れた口腔内環境で酸化腐食しやすい銀歯よりはジルコニアセラミック冠のほうがまだいくらかでも耐久性がいいからその歯にとっては延命になるかもとの理由だからです。

もし、あなたがまだ20代で、今回治す歯が初めてで、今まで歯を削って治されたことがないという方であるなら、虫歯の治療にはなるべく良質な素材をお勧めしています。

とくに前歯では健康保険のレジン前装冠を呼ばれる金属にプラスチックを張り付けてあるかぶせ物が入れられるのですが、これは経年変化でかぶせ物との間が黒くなり、プラスチック部分が黄ばんで変色してくるなどの素材の限界から、いずれ見苦しくなり結局やり替えをすることになる場合がとても多いからです。モノとしての耐久性だけを考えた場合からの判断ですが。

歯は削られた瞬間から絶対に元の歯よりも弱くなるし、やり替えのたびにさらに弱くなるからできるだけやり替えは避けたいのです。現状のあなたの口腔内の状態がどうなっているのか、口腔内を良好に推移できるための取説とでも言いましょうか、よく知っておいていただきたい理由は、すべて上の5項目をクリアしていただきたいから、ただそれだけなのです。

当院で初診の際に皆様にお配りしている小冊子にはその答えがすべて書かれてあります。
5項目クリアを目指したい方は、まず健診をお受けになってみてはいかがでしょうか?

前後の記事もご覧下さい

お問合せはこちらから オンライン予約はこちら
お問合せはこちらから オンライン予約はこちら
© 2001- LEGA Dental Clinic.( Powered by Roundup Web Consulting )