日々の治療の中で思うことを書き綴っています。よろしければご覧下さい。

銀のインレーの歯がしみる

確かに何でもない歯の部分は極力削らないで残していこう、という考え方はミニマルインターベンションと言って正常な組織の侵襲を極力避ける、という最近の主流ではあります。
ただし、一見何でもなく見えても実はそこにむし歯がある、ということが少なくないことをご存じですか?

イメージを左右する前歯の歯の角度

噛み合わせの不具合は、様々な口の中の問題の引き金となります。

ですので、歯が痛いからと言って、むし歯であるとか歯周病であるとか、そういったことだけを考えて対処療法をしても、問題の根本は解決できないことが少なくありません。歯科治療の難しさは、この辺の噛み合わせとの関連性を捉えたうえで治療を進めていかなくてはならない点です。

歯周病、あの歯がぐらぐらになって口臭が強くなり最後には歯が抜けてしまうあの病気、実はその正体は歯周病菌、ということは多くの方が知るようになってきました。

そう、歯周病は歯周病菌による細菌感染症で、人にもうつる病気なのです。

だから口腔ケアを頑張ってやりましょうね…という文句はよく歯科医院に行くと歯科衛生士さんに言われるフレーズなのではないでしょうか。

当院では治療用歯科ユニットにおおきく2つの理由でドイツの名門Kavo社のフラッグシップモデルを導入しています。 まず1つ目は切削器具が、軸のぶれない、安定して精密な作動環境を提供してくれることです。これにより歯の治療の際に正確かつ精密巧緻な作業が可能となります。 そして2つ目は、実はこちらの方はもっと重要かもしれませんが、ユニット全体の水消毒システムが完成されていることです。以前ニュースにもなった […]

私たちは日常のあらゆる場面で、絶えずいろいろなことを選択をしながら生きています。 必ずしもあなたがそれを意識しようとしまいと選択をしているのは事実です。 たとえばそれは朝起きた時から始まっています。もうあと5分寝ていようかな、とか今すぐ起きようかな、から始まって今日は何を着ていこうかな、SNSのチェックを今しようか付き合いのやつばかりなので後にしようか、朝は何を食べようかな、昼は?そして夜は?電車 […]

治したこの歯は一生使えますか? 虫歯治療で削られたり、抜歯されて歯を失ったところを補うために、歯科治療では様々な方法でかつての状態を再現しようとします。それらを総称して、我々の業界では補綴物(ホテツブツ)と呼んでいます。 一番単純な小さな虫歯の場合は、削り取られた歯の一部分を埋めるだけの修復になります。 そのような単純な修復でさえ、修復材料には様々あり、診療の中で最終的にはあなたに素材を選んでいた […]

「歯がしみる感じがするのでみてもらえませんか?」という患者さんは毎日のように来られます。 あなたはもし、自分の歯に違和感があると、それは虫歯かな?と思い、まず鏡でそのあたりがどうなっているのかを見ますよね。でも、見た目的には、何ともない…とすると、一時的に気のせいかな、とも思い、またしばらくそのままになったりしていないでしょうか。 今日お越しになった患者さんの中に「飛び跳ねたりすると右側のどの歯か […]

現代人に結構多くなってきた歯の知覚過敏症(歯がしみる)とくさび状欠損について あなたはもし歯がしみると、すぐに、あ!虫歯ができたかな?と思って歯科医院に受診しますか?実際に来院れた方を調べてみると実は単に知覚過敏症で、虫歯ではなかったという例がここ最近とても多くなってきているようです。当院は開業して25年以上たちますが、虫歯でないのに歯がしみる方が多くなってきている知覚過敏症の方が多いのにはとても […]

またか...という歯科に関するネガティブニュースの中で、何年かおきにいつも騒がれるものの一つに器具の使いまわしに始まる衛生面での配慮に関するものがあります。 50年以上前の私の親戚の歯医者さんではなんと煮沸消毒で、当時は滅菌にオートクレーブを使っているところの方がむしろ少なかったのかもしれません。当院は平成3年に開業してすでに27年以上経過していますが、開業当初は世間ではこれほどまでに感染対策につ […]

よくかみ合わせが良いとか悪いとか言われます。突然ですがここであなたに3つの質問です。 朝起きた時に、あごが疲れた感じがする。あるいはどこか特定の歯が浮いた感じがする。 食事の後にあごが疲れやすかったり痛くなることがある。 起きた姿勢でどこにも力を入れないで上下そっと閉じたときに最初に前歯があたりすぎる。 かみ合わせが悪い人は顎関節症になりやすいと言われますが、必ずしも噛み合わせがすべてではないこと […]

「入れ歯があわない…」こういって不満を抱えてお越しになる多くの方は、どのように「あわない」のか。 私が毎日接するそうした義歯装着患者さんから多く聞かれる不満は、たいてい次のようなものです。 食べている間に義歯と歯ぐきのあいだにものが挟まって非常に気持ち悪い 人と食事をしている最中に、義歯の間にモノが入り込んでしまうと、食事中に席を外していちいち義歯を洗ってこなくてはならない 義歯がパカパカするので […]

みなさんは子供のころ、夏休みに出された宿題にまつわるエピソードの一つや二つくらいはお持ちでしょう。 たいていは7月に夏休みに入って計画表をしっかりとたてると、もうそれで安心してしまってその後すぐに何日かで予定がずれはじめてだんだん先送りとなり、最終的には8月の最後の日曜日あたりに、ハタと自覚してその時にいままでやり残していたことの多さに愕然とする…そんな記憶です。 小学生の宿題に限らず、大人になっ […]

あなたのその義歯は夜は外して寝た方がいいのか否か? よく患者さんから「先生、今回作っていただいた義歯は、夜は口から外して水につけておく方がいいのでしょうか?」とご質問を受けます。 結論から言いますと、ある人にとってはその方がよく、ある人にとっては逆にそうはしない方がよいのです。ケースバイケースで、その方の義歯の大きさや歯のない場所によって、外す方がよいかそうでないかがきまってくるということです。 […]

日本が直面している超高齢化社会において認知症の数は現在400万人、そしてその予備軍は400-450万人と言われているようです。 三次予防(医療)だけを考えていては、今後健康保険の財源は莫大な数に及ぶことが明白です。そもそもそうならないための早期診断、早期発見、早期予防である二次予防が重要であることは最近話題となっています。しかしながら、さらには、そもそも認知症を発症させないための一次予防として何か […]

口臭を簡単になくせるマル秘テクニックとは 人の口臭はとても気になるものですが、ご自分の口臭には気にされていない方、案外多いようです。あなたはどうですか?でもいちいち人に、「自分はどれくらい口臭があるのか」なかなか聞けないものですよね。 まして職場で話そうとした部下に「臭いよ、君の口は…」と言おうものなら、人間関係悪くしそうですし難しいですよね。 ガムをかむといいとか、口臭に聞くスプレーをしたらいい […]

私の小中学生の頃は家に帰るとあたりまえのように親が食事を作ってくれてお風呂も沸かしてあって、しかも何も言わなくてもそれが毎日続いていたものです。 それがたまに病気や入院などでやってくれる人がいなくなるとあたふたとしました。あって当たり前のこと、あって当然なものだと自分で勝手に思い込んでいることやモノは、日常生活のなかにはたくさんあります。 私が毎日拝見している多くの方の歯についても同じことが言えま […]

朝晩2回くらいはたいていの人は歯磨きをされると思います。そこであなたに質問です。 その歯磨きで、あなたのお口のすべての場所の歯のプラークがとりきれている自信がありますか? 無意識に毎日の生活習慣の中で行われていることは、どんなことでも、意識しない限りみな同じパターンに陥りやすい傾向にあるといわれています。歯ブラシを歯にあてる順番から、こすり方まで、ほとんどワンパターンで決まってしまっていませんか? […]

Page 1 of 51 2 3 5
お問合せはこちらから オンライン予約はこちら
お問合せはこちらから オンライン予約はこちら